所長弁護士より

ロウタス法律事務所の所長の高橋です。
この度は、当事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
このページでは、私からの事務所説明と、勤務弁護士のメッセージを載せておりますので、ご参照いただければ幸いです。

1.事務所の方針

当事務所には、現在7人の弁護士が在籍しており、今年も含め、今後も弁護士を順次増員していく予定です。
当事務所は、「相続と知的財産権のナンバーワン事務所」を目指しており、弁護士を増やす理由は、当事務所の得意分野である相続事件と知的財産事件の専門性を高めるためです(取り扱い分野の拡張や支店を出すことは、現在のところ、予定していません)。
また、当事務所は「複数の事務所の法律相談を受けて、当事務所を選んだ方に依頼していただく」という方針をとっています。
「他の事務所と比べて選ばれる事務所となり、また、そうあり続ける」ために、絶えず専門性を高めることを怠りません。

2.取り扱い事件

相続事件と知的財産権事件がほとんどです。なお、相続事件と知的財産権事件では、数としては圧倒的に相続事件が多くなります。

3.事件処理の方針

「依頼者の満足のために妥協しないこと」を心がけています。
依頼者の希望に沿った事件処理を行うために、依頼者との打ち合わせを綿密に行い、
依頼者の希望を実現するために、証拠の収拾と調査を徹底的に行い、
依頼者の想いを相手や裁判所に伝えるために、書面の分かりやすさにこだわります。

4.勤務弁護士の育成について

(1)事件処理を通じた育成

全ての事件について、私が事件の進行を細かく把握しており、適宜アドバイスをします。
また、事務所内では、過去の事件処理から学んだノウハウを、所員誰もが容易に検索できるようにしてあります。
なお、所内に個室はなく、全ての弁護士が同じフロアにいるので、所内の意思疎通は常時緊密に行われています。

(2)弁護士会議によるノウハウの共有

週に1回程度、所内の弁護士全員による会議を行なっています。
議題は決まっていませんが、処理中の事件の重要な局面を所員全員で検討する、研修やセミナーの成果を共有する、新人弁護士へのアドバイスを行う等、所員全員のノウハウ向上につながる様々な取り組みを継続しています。

5.ロウタス法律事務所に就職することのメリット・デメリット

(1)メリット

ア 相続・知的財産事件特有のノウハウが速く習得できる
同種事件を短期間に大量に繰り返し処理するので、まんべんなく色々な事件を行う場合よりも、ノウハウの取得は速くなります。

イ どの事件にも共通する事件処理能力も速く身につく
当事務所では事件が増え続けていますので、弁護士一人当たりの担当事件数は、他の事務所より多くなっていると思います。
また、「他の事務所に負けない」ことを公言していますので、絶えず緊張感と向上心をもって事件処理にあたっています。
そのため、当事務所の勤務弁護士を見ている限り、相続・知的財産事件特有のノウハウだけでなく、どの事件処理にも共通して必要になる能力についても、比較的速く身についていると自負しています。

(2)デメリット

例えば、交通事故事件、医療過誤事件など専門性を要する他の事件特有のノウハウは、身につけにくいと思います。

6.所長から一言

私は、「職業の間に貴賎(一流と三流)は存在しないが、職業の中に貴賎の差は存在する。」と考えています。
勤務弁護士の先生方とは、
「弁護士になったことに満足せず、せっかく弁護士になったのだから、より一流の弁護士になれるように頑張り続けよう。」
と話し合っています。
こう話すと、事務所内がピリピリとしているように思われるかもしれませんが、勤務弁護士の先生方は、皆、内には強い向上心とプライドを持ちながらも、人当たりは穏やかで、人格的にバランスのとれた人ばかりです。
「先生に事件を依頼して本当に良かった。」と依頼者に心からの感謝をしてもらえたときの充実感は格別です。
当事務所は、向上心がある修習生を心から歓迎いたしますので、当事務所への就職を是非ご検討下さい。

枩藤弁護士より

はじめまして。
62期、入所6年目の弁護士の枩藤朋子(まつふじともこ)です。

当事務所は、専門分野に特化した事務所を目指しており、案件のほとんどが相続に関するものです。
私が入所してから6年間に処理した相続事件の数は、ずっと期が上のベテランの先生にも引けをとらないと思います。
このように、短期間に同種の案件を数多く処理することによって、特定分野のスキルをあげることができるのは、当事務所の特徴の一つだと思います。

ただ、私が、勤務弁護士にとって当事務所の一番の長所だと思うのは、所長である高橋弁護士の仕事のレベルの高さです。
弁護士として必要とされる能力は多岐にわたりますが、書面の作成能力、問題発見能力、交渉力、プレゼンテーション能力、どれをとっても一流で、見習うべきところはたくさんあります。
私は、入所から6年がたった今でも、所長の法律相談に同席し、所長の相談手法を整理して自分自身の法律相談と比べることで、今の自分の課題を見つけています。

弁護士として必要とされる技術は本を読んでいるだけでは身につきません。一流の親方の下で、一流の仕事を学ぶ機会があるということは、本当に幸運なことです。
ロウタス法律事務所は、弁護士としての技術を習得する絶好の場だと思います。

「相続」という分野は、深く勉強すればするほど、新たに勉強すべき課題がみつかる、そんな奥の深い分野です。
私も、まだまだ勉強中です。何事にも前向きに取り組める向上心のある方と一緒に働いて、今よりもさらにレベルアップした仕事をしたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

大村弁護士より

今、弁護士の就職難が叫ばれています。
しかし、就職するための競争も確かに過酷ですが、就職してからの競争は更に過酷なものだと思います。
ロウタス法律事務所は、相続と知財の「専門」事務所です。
「専門化」というのは、競争を勝ち抜くための合理的な選択ではないかと思います。

私は、弁護士登録して、3年が過ぎたところですが、実際に受任事件として担当した相続案件は、おそらく100件近くになるかと思います。
当事務所では、毎週、弁護士が一人ずつ自分が担当した終結事件についての報告を行います。その報告を通じて、その事件から得られた知識や、本には書いていない(実際に担当しなければ分からない)ノウハウを事務所全体で共有しています。
また、事務所での法律相談にもたくさんの方がいらっしゃいます。
実際に受任事件として担当した事件に、事務所会議で報告を受けた事件や法律相談を受けた事件を加えれば、その数は300件を優に超えます。
実務経験はわずか3年余りですが、当事務所所属の弁護士以外で、これだけの相続事件を扱った経験のある弁護士を探すことは難しいのではないでしょうか。

私は、修習は名古屋でしたが、修習前は、ずっと東京、横浜で生活していましたので、東京、横浜での就職を第一希望にしていました。しかし、「専門事務所」という点に魅力を感じ、ロウタス法律事務所の内定をもらってからは、就職活動はしませんでした。入所から3年経ちましたが、この選択は正しかったなと実感しています。

修習生の皆さんの中には、「相続にそれだけ専門化すると、他の類型の事件を処理する能力がつかないのではないか?」という心配をされる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、私は「専門化しているからといって、他の事件を処理する能力がつかないということはない」と思っています。
私が思うに、どんな種類の事件でも弁護士に求められる仕事の本質は同じです。
・当事者の言い分や証拠を分析して的確な法的主張を構成すること
・その法的主張を書面(あるいは口頭)で、相手方、裁判所に的確に伝えること
・依頼者(ときには相手方)に誠意をもって対応し、信頼を得ること
これらが弁護士に求められる本質ではないでしょうか。
取り扱う事件の種類が偏っていても、日々、向上心をもって事件に取り組んでいれば、このような本質は自ずと磨かれていくと思います。
要は、自分次第であり、当事務所の環境が、「様々な種類の事件を処理する能力をつける」という点において、そこまで大きな障害になるとは思いません。
(私も実際に相続以外の事件も担当していますが、「相続に特化している」ことをハンデに感じたことはありません。)

所長の高橋は、仕事の内容に関する指示は細かく、指示の内容も手厳しいですが、基本的にはとても温厚で穏やかな人です。
仕事の指示や指導も、「目の前の仕事を処理できればよい」という指導ではなく、勤務弁護士の将来を考えて、「なぜこのような処理をすべきか」「どのような思考と着眼をすれば、このような事件処理になるか」「今、経験したことを将来どのように応用すればいいか」という視点から指導と説明をしてくれます。
所長としての雑務で忙殺されている中でも、新しい知識、判例の勉強もしており、「自分も頑張らなければ」という思いにさせてくれます。
成長したい勤務弁護士にとっては、とても恵まれた環境で仕事ができると思います。

多くの方のご応募をお待ちしております。

福田弁護士より

65期の福田智洋と申します。
私が当事務所に入所してから2年あまりが経ちましたが、今回は、その間に私が思ったことの中から、事務所選びの参考になりそうなことを紹介したいと思います。

当事務所には、弁護士としての実力を身につけられる体制が整っていると思います。
その根拠は、取り扱い分野を相続と知財に限定しており、同分野の経験と知識を集中的に身につけられるため、同分野で早期に一本立ちできるようになるという点にも当然求めることができますが、それ以上に、所員の事件処理に対する意識が高いという点にあると考えています。
具体例をあげると、準備書面等の書面は所長のチェックを受けるのですが、所長からは、特に、説得力にこだわった指導を受けます。もちろん、私も、所長に直されない書面を目指して作成にあたっていますが、まだまだ手直しを受けることも多い上に、指摘される内容も納得せざるを得ないものばかりです。そのため、日々の書面作成は、その一つ一つが自分にとっていい鍛錬になっている実感があります。
他にも、説得力のある書面を書くためには、当然、材料(事情・証拠)の収集・吟味であったり、相手方の主張の分析が土台になりますが、そこについても、所長や先輩弁護士をみていると、とてもこだわりを持っているように感じますし、常に参考にしています。
ちなみに、私の担当事件の大半は相続なので、割合としてはやはり調停事件が多くなりますが、他方で、相続から派生した不動産関係の訴訟や、不法行為・不当利得等の訴訟も多く取り扱っています。その上で思うのは、「依頼者の話を丁寧に聞き、資料を丁寧に読み、相手の主張を分析して、持っている材料を最大限わかりやすく書面にまとめる。」という作業が重要なのは、いずれの事件にも共通しているということです。そのため、当事務所でこのような作業を徹底していれば、相続関係の実力はもちろんですが、一般的な民事事件に必要な能力についても、自然に身についていると思います。

私が相続関係の案件を担当した件数は、同期の中でも突出して多いはずですし、それぞれの事件について、自分なりのこだわりを持って処理に当たっているため、相続分野の処理では同期に負けないと思っています。これは、飽和状態だと言われている弁護士業界の中において、他に埋もれることなく自分をアピールしていくための大きな武器になるはずです。
そして、ゆくゆくは、同期に限らず、他のどんな弁護士にも負けないような実力をつけたいと思っているので、私としては、意識を高く持ち、ともに切磋琢磨していけるような方と仕事ができれば嬉しい限りです。よろしくお願いいたします。

村田弁護士より

67期の村田篤紀です。今年の1月から当事務所で勤務しております。
入所以来、日々、相続事件に向き合っております。ロースクール、司法試験、司法修習と、民法の親族・相続の条文を見る機会はあまり多くありませんでしたが、最近は毎日、民法の後ろの方の条文と格闘しております。

1 プロ意識の高さ

当事務所は、相続に特化した事務所です。また、先輩の先生方は「相続事件ならどこにも負けない」事務所になり、そうあり続けるために、事件処理に対して非常に高い意識を持っています。そのため、新人弁護士に要求される事件処理のレベルがもの凄く高いので、最初はついていくだけでも大変です。

2 事務所内のフォロー体制

新人には先輩たちについていくのも大変な事務所ですが、当事務所では、私のような新人弁護士を含め、弁護士全員のレベルアップのためにいろいろな取り組みをしているので、とても勉強になります。

(1)事務所会議

事務所では、毎週弁護士全員が参加する会議があり、そこで、終結した事件の報告や、最新判例の報告があります。
終結事件の報告では、担当の先生から、「事件処理において悩ましいポイントがどこで、それに対してどのような選択肢を考え、何を調べ、何を基準に処理方針を決定したのか」が報告されるため、自分が担当しない事件からも事件処理のコツを学ぶことができます。また、担当者の報告に対して、所長や他の先生からかなり厳しい突っ込みや、他の事件への応用方法に関するコメントがなされるので、1つの事件の処理について、担当の先生だけでなく、他の先生からの様々な視点も学ぶことができます。
報告だけで終わらないのは判例報告でも同じで、私も報告を担当したのですが、学生のときのような通り一遍の報告をすると、所長や先輩の先生から「なぜ裁判所がこのメルクマールを採用したか分かるか?」「類似判例では違う基準だが、なぜ違う基準になると思うか?」「事務所にあるこの事件に当てはめるとどうなるか?」が厳しい質問が入ります。ただ、そのときに先生方から教えていただく判例の解釈の仕方や、判例の実務への生かし方が本当に勉強になり、「同じ判決を読んでも、ここまで読み取る内容が違うのか」と毎回驚いています。

(2)事件処理

今はまだ主任として事件を任せてもらっていませんが、ただ事件を横で見たり起案をしているだけでなく、打ち合わせの前や起案の前に「どう考えて、何を目的にして、何をすべきか」について課題を与えられ、打ち合わせや起案の後に、自分の立てた処理方針のどこが適切でないのか、なぜ適切でないのか、あるべき事件処理方針を導くために、どういう順序で思考するか、をマンツーマンで指導してもらっており、日々自分が学生からプロに向けて考え方を変えていっていることが実感できます。

3 最後に

当事務所は、若手の弁護士が多いので、先輩弁護士と話がしやすく働きやすい環境です。また、事務所にはレベルの高い事件処理能力を身につけるために必要な体制が整っているので、意識を高く保つことができれば、どこまでも成長できる事務所だと思っています。
まだ教わることばかりですが、一緒に成長しようという意識の高い新人の先生に来てもらい、一緒に成長したいと思います。

久保弁護士より

はじめまして。67期の久保明愛と申します。当事務所には本年1月に入所し、約2か月が過ぎたところです。

所長は、「職業の間に貴賎は存在しないが、職業の中に貴賎の差は存在する。」「一流の弁護士を目指そう。」と言います。
私が、初めてこの言葉を聴いたのは、就職活動の最中でしたが、長年の目標であった弁護士になることが達成間近であった当時の私にとって、この言葉はとても印象深いものでした。そして、「弁護士になりたい」から「一流の弁護士になりたい。」へと、私の新たな目標が決まりました。

では、一流の弁護士に成長するために必要なことはなんでしょうか。

もちろん、自分自身の努力というものは必須です。けれど、人一人の視野というものは意外に狭いものであり、努力しているつもりが堂々巡りを繰り返し、それに気づくことすらできないというような状況に陥ることもあります。だからこそ、成長するためには、とびきり優秀で経験豊富な先輩の指導が必要不可欠となってきます。

ご存知の通り、当事務所は相続と知的財産に特化した専門事務所です。取扱事件の大半は相続に関連するものであり、先輩方の相続事件の処理件数は東海地区のどの事務所と比較しても負けません。そして、事務所の弁護士の全てが「どこにも負けない専門事務所」を目指し「相続の専門家」として強いこだわりと共に全力で事件処理に当たっているため、作成される書面、依頼者との打合せ、相続相談等、事務所内で目にする全ての事件処理のレベルがとても高く、毎日とてもいい刺激を受けます。

また、当事務所では、期日でのやりとり、法律相談、打合せや電話でのやりとりにいたるまで、事件処理の内容が全て細かくデータ化され、事務所内で共有されているので、事務所内の全ての事件から事件処理のノウハウを学ぶことが可能です。

更に、当事務所では週に一度、終結事件の報告及び検討をする会議が行われます。そこでは、データからでは読み取れない「なぜこのような事件処理をしたのか。」、「この事件処理をしたときにどのようなことを考えていたのか。」と言った事件処理の背景にあった「相続の専門家」の思考を学ぶことが可能です。

もちろん、日々の事件処理の中でも、先輩方がきめ細かな指導をしてくださいます。それは、単に知識だけでなく、根本的な考え方から指導をしてもらえます。
私は、ロースクールで知的財産を勉強し、それなりに知財の知識をつけたつもりでしたが、実際に事務所の特許事件に関わらせていただいたときに高橋所長の指導を受けて、自分の知的財産に対する知識と理解がとても表面的なものであったことを痛感し、本の読み方、事件への生かし方、問題点の見つけ方、体系的な思考方法等、とにかく頭の使い方について目から鱗が落ちるような経験をさせてもらいました。

このように当事務所には、優秀かつ経験豊富な先輩方から熱心かつ丁寧な指導を受けることができる環境が整っています。そして、このような環境は何にも代えがたいものであり、向上心を持ち、当事務所で精一杯仕事に取り組んでいけば、自ずと弁護士として成長していくことができると感じています。

ロウタス法律事務所 問合せ

相続 名古屋 ロウタス法律事務所

地図と道順はこちら

名古屋市中村区名駅南一丁目
23番17号 笹島ビル8階
TEL : 052(433)5033
FAX : 052(433)5022

PAGE TOP